1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. ストック・オプション課税、最高裁判決の影響

ストック・オプション課税、最高裁判決の影響

2005年02月28日

サマリー

◆ いわゆるストック・オプション課税訴訟の最高裁判決が、2005年1月25日に言い渡された。最高裁は、ストック・オプションの権利行使益は「給与所得」にあたるとした二審判決を支持、国税側勝訴が確定した。

◆ 課税当局では、1998年以降、権利行使益は給与所得であると取扱いを統一していることからも、今回の判決が大きな混乱を呼ぶようなことはないだろう。むしろ、影響が出るとすれば、法人税法上の取扱いである。つまり、ストック・オプションを付与した企業側での損金算入を認めるべきではないかという点である。

◆ 本稿では、最高裁が「給与所得」との判決を下したことによる影響について整理する。なお、最終的に「給与所得」との判決に至るまでの議論の内容についても別途整理している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加