1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. コーポレートガバナンス・コードに伴う東証の上場制度整備案

コーポレートガバナンス・コードに伴う東証の上場制度整備案

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2015年2月24日、東証は、「コーポレートガバナンス・コードの策定に伴う上場制度の整備について」を公表した。


◆ポイントは、①企業行動規範の「遵守すべき事項」として、コーポレートガバナンス・コード(以下、CGコード)を実施しない場合の理由説明を規定する、②CGコードを実施しない場合の理由説明は、コーポレートガバナンス報告書において行う、③現行の「上場会社コーポレート・ガバナンス原則」尊重規定を、CGコードの趣旨・精神の尊重規定に置き換える、④主要な取引先の元業務執行者などを独立役員に指定する場合の「開示加重」を廃止して、「属性情報開示」に統一する。


◆CGコードに合わせて、2015年6月1日を目途に実施することが予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート