1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 米財務省の金融規制改革報告書の概略

米財務省の金融規制改革報告書の概略

金融調査部 主任研究員 横山 淳

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2009年6月17日、米財務省は、(1)金融機関に対する監督・規制の強化促進、(2)金融市場に対する包括的な規制の確立、(3)金融不正からの消費者・投資者の保護、(4)政府による金融危機管理に必要な手段の整備、(5)国際的な規制水準の向上と国際協力の強化を柱とする金融規制改革の報告書を発表した。

◆各事項については、具体的に次のような内容が盛り込まれている。(1)金融機関に対する監督・規制の強化促進:新しい金融サービス監督協議会の創設、金融システムの安定に重要な影響を持つ金融機関(Tier Ⅰ FHC)に対するFRBの監督権限付与、ヘッジファンドのアドバイザーに対するSECへの登録義務など。(2)金融市場に対する包括的な規制の確立:証券化市場の規制強化、店頭デリバティブに対する包括的規制など。(3)金融不正からの消費者・投資者の保護:金融商品に関する消費者保護のための単一連邦監督当局設置など。(4)政府による金融危機管理に必要な手段の整備:金融機関の破綻処理スキームの整備など。(5)国際的な規制水準の向上と国際協力の強化:自己資本規制強化、国際的に活動する企業の監視など。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加