1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. ETFの抜本改革等に関する提

ETFの抜本改革等に関する提

金融審報告の取引所機能強化の提言

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2007年12月18日、金融審議会金融分科会第一部会が報告書を公表し、その中でETFの多様化、金融商品取引所と商品取引所の相互乗り入れ等、排出権取引等の観点から、取引所の取扱商品の多様化を目指す提言がなされている。

◆ETFの多様化については、投資信託の対象をコモディティ(商品)関連に拡大することや、迅速にETFの商品設計ができるように株価指数を包括的に定める措置などが提言されている。

◆金融商品取引所と商品取引所の相互乗り入れ等については、金融商品・金融取引は金融商品取引法で規制し、コモディティ・デリバティブ取引は商品取引所法の下で規制するという現行の規制を維持するという方向が示されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加