1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 2018年以降の制度改正予定(企業法務編)

2018年以降の制度改正予定(企業法務編)

金融調査部 主任研究員 横山 淳

金融調査部 研究員 小林 章子

サマリー

◆2018年にも様々な制度改正が予定されている。本稿では、そのうち企業法務に関連する主な動きをまとめ、特に重要なものについて、簡単な解説を加えた。


◆4月にフェア・ディスクロージャー・ルールが施行される予定である。海外では、EUのMiFIDⅡ(1月)やGDPR(5月)の適用が開始される。


◆法案としては、民法改正(成年年齢の18歳引き下げ)法案、消費者契約法改正法案、独占禁止法改正(課徴金制度の見直し)法案などの国会提出が予定されている。


◆法制審議会では、民法(相続法)改正、会社法(企業統治等関係)改正に向けた検討も進められている。


◆その他、機関投資家と企業の対話において重点的に議論することが期待される事項等についてのガイダンス策定や、それに伴うコーポレートガバナンス・コードの改訂も予定されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート