1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 会社法改正に向けた議論のポイント

会社法改正に向けた議論のポイント

法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆法務大臣の諮問を受けて、2017年4月から法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会において、会社法の改正に向けた議論が進められている。


◆主な検討項目としては、①株主総会に関する手続の合理化(株主総会資料の電子提供、株主提案権の濫用的な行使の制限など)、②役員に適切なインセンティブを付与するための規律の整備(株式(新株予約権)報酬等、D&O保険、会社補償など)、③社債の管理の在り方の見直し、④社外取締役を置くことの義務付け等、⑤その他(自社株式等を対価とするTOBなど)が取り上げられている。


◆今後、2017年度内の中間試案のとりまとめが予定されている。早ければ、2018年にも要綱案がとりまとめられ、2019年に改正法案が国会に提出される可能性もあるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート