1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2016年1-3月期GDP一次速報予測 ~前期比年率+0.5%を予想

2016年1-3月期GDP一次速報予測 ~前期比年率+0.5%を予想

2四半期ぶりのプラス成長だが、停滞局面からの脱却とはならず

2016年04月28日

岡本 佳佑

経済調査部 エコノミスト 久後 翔太郎

小林 俊介

サマリー

◆2016年1-3月期のGDP一次速報(2016年5月18日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+0.5%(前期比+0.1%)と、2四半期ぶりのプラス成長になると予想する。しかし、1-3月期のGDPは「うるう年」効果によってかさ上げされた面があり、足元の日本経済は依然として停滞局面から抜け出せずにいる。


◆個人消費は前期比+0.5%と2四半期ぶりの増加を予想する。「うるう年」効果が個人消費を押し上げたとみられる。設備投資は同▲0.7%と3四半期ぶりに減少する見通しだ。企業の資金調達コストは低下しているものの、稼働率は盛り上がりに欠けている。輸出は同+1.7%を予想する。財輸出に関しては、EU向けが好調に推移する中、米国で持ち直しの動きがみられ、アジア向けについては概ね横ばいとなった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加