1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測

2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測

個人消費と輸出がドライバーに

2013年04月30日

経済調査部 エコノミスト 久後 翔太郎

齋藤 勉

サマリー

◆2013年1-3月期のGDP1次速報(2013年5月16日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+2.8%)と、2四半期連続のプラス成長となると予測する。1-3月期は、これまで押上げ寄与の大きかった公需から民需主導の成長へ転換することが期待される。


◆個人消費は前期比+0.6%と2四半期連続のプラスを予測する。個人消費の裏づけとなる所得の改善は緩やかなものに留まっているものの、株価の上昇による資産効果や、消費者マインドの改善が個人消費を押し上げるとみられる。


◆輸出は前期比+2.4%と3四半期ぶりのプラスとなる見込み。欧州、中国向け輸出は依然として低調であるものの、米国向けでは増加に転じていることから、全体としてはプラスとなると予測する。一方、内需の増加を背景に輸入も前期比+1.8%と3四半期ぶりの増加となる見込みであることから、外需(純輸出)寄与は前期比+0.1%ptと小幅なプラスに留まる見込み。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加