1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのか

ASEAN経済統合を域内企業はどう見ているのか

ASEAN経済共同体の創設の進捗状況は80%

2014年08月12日

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆ASEANは2015年末にASEAN経済共同体(AEC)を創設する予定である。現在の共同体創設の進捗状況は80%と、予定よりも遅れている。


◆ASEANの域内企業へのアンケートを考察したところ、意外だったことは、域内企業でもAECの創設を認識していない企業が一定程度存在することである。ASEAN当局・各国政府と域内企業のコミュニケーションが一つの課題と言えるだろう。


◆この他、域内企業はAEC創設に対して懸念よりも期待を強く持っていることが分かった。企業がAEC創設に関心を持つことでAECが政府当局の描いた理想像になるのではなく、企業が助言・提案等を積極的に行い、AECがよりビジネスフレンドリーなものになることを期待したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート