1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 離職者比率の水準と企業パフォーマンス(上)

離職者比率の水準と企業パフォーマンス(上)

~離職者比率の水準はセクターや企業によって異なるが、経時的には安定的に推移している傾向がうかがえる~

2018年02月23日

伊藤 正晴

サマリー

◆企業パフォーマンスとの関係を分析するため、データが入手できた上場企業を対象に、2011年度から2015年度の離職者比率の水準の動向を調べたところ、以下の結果を得た。


◆各年度の離職者比率の平均値は、4.4%から4.5%の水準を推移しており、離職者比率は経時的にほぼ安定的に推移している。また、前年度に対する離職者比率の相関係数は0.7台で推移し、2011年度と2015年度の離職者比率の分布の形状は同様の特徴を持っている。離職者比率の水準は、個別企業ベースでもある程度経時的に安定的に推移しているようである。


◆企業規模別に離職者比率の平均的な水準を見ると、規模の大きい企業の方が離職者比率が低い。また、各セクターの離職者比率の平均的な水準を比較すると、セクターによって離職者比率の水準が異なるが、概ね経時的に安定的な推移をしている。


◆さらに、セクターをブレークダウンした業種別の離職者比率を見ると、同一セクター内の業種間である程度の差はあるものの、セクター別に見た離職者比率の水準の差はそれを構成する業種の離職率の特徴に起因しているようである。また、企業規模による離職者比率の水準の違いとセクターによる離職者比率の水準の違いを比較すると、後者の方が大きく、各社の離職者比率の水準は所属するセクターの違いによる影響が大きそうである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート