1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. ESGファクターと企業パフォーマンス(下)

ESGファクターと企業パフォーマンス(下)

~ESGファクターの組み合わせと時価総額加重平均リターンの関係~

伊藤 正晴

サマリー

◆ESGファクターとして、売上高当たりCO2排出量の水準と増減、女性管理職の登用と女性役員の選任、独立取締役の選任の5つを用い、2012年初から2016年末までの5年間の時価総額加重平均リターンを算出したところ、次の結果を得た。


◆単独のファクターで企業を二分し、リターンを算出すると、独立取締役の選任以外の4つのファクターで、リターンの高いことが期待されるグループのリターンが実際に高かったことが確認できた。


◆また、独立取締役に関しては、独立取締役を選任しているものの取締役に占める比率が10%未満の企業のリターンは配当込みTOPIXのリターンより低いが、独立取締役の比率が50%以上の企業のリターンは高い。市場は積極的に独立取締役を選任していることを高く評価し、それによる企業ガバナンスがもたらすであろう企業パフォーマンスに期待している可能性があろう。


◆2つのファクターを組み合わせた場合は、単独のファクターでリターンの高いことが期待されるファクターを組み合わせても、単独ファクターで作成したグループのリターンを上回ることは難しい。


◆逆に、リターンの劣ることが想定されるファクターを組み合わせると、単独のファクターによるリターンを下回ったケースが10の組み合わせのうち6つあった。このような組み合わせに該当する企業への投資を控えることがリターンの低下を防ぎ、複数のファクターを考慮しない場合に比べてリターンが向上することが期待できよう。


◆本稿の分析結果は、ESGファクターとリターンとの因果関係を示したものではない。また、業種構成の違いや、グループによっては属する企業数が少ないことなどの影響も考えられる。しかし、本稿の分析結果は投資プロセスにESGファクターを考慮することが投資パフォーマンスの向上に寄与する可能性を示していると考えられよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート