金融資本市場
ASEAN資本市場統合の取組み

進捗するも課題も多い

2012年8月31日

金融調査部 神尾 篤史

サマリー

◆ASEAN(東南アジア諸国連合)では2015年までの経済共同体構築の一環として、資本市場統合を進めている。

◆ASEANの資本フローは、(1)世界経済変調時に資本流出圧力が増す、(2)域内投資が著しく盛んとは言い難い、という特徴を有するため、資本市場統合でこの問題が緩和されていくことが期待される。

◆資本市場の統合は、徐々にではあるが、着実に進んでいると思われる。

◆ただし、進捗状況を把握するための情報公開が十分ではなく、市場関係者への情報共有は不十分といえる。各国の資本取引規制の違いも、統合過程で障害となるだろう。

※ASEANは、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの10ヶ国で構成。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革