1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 直接投資が増加するタイ、先行きも続く?

直接投資が増加するタイ、先行きも続く?

ASEAN主要国の対内直接投資の動向

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆良好な経済ファンダメンタルズ、低賃金等を要因とした有望な生産基地、今後の有望な消費市場として、ASEANへの直接投資が注目されている。とりわけ、日本企業は政治的な問題を背景とした中国への集中投資に対するリスクから「中国(チャイナ)+1」の候補地として大いに注目している。


◆現状、日本からの投資増加の主な要因として、タイ、フィリピンへの直接投資の総額が増えている。ASEAN各国への対内投資が一様に増加しているわけではなく、選別が行われている。


◆今後のASEANへの直接投資を考えると、ASEAN経済共同体(AEC)の発足がポイントになるだろう。AECによる自由貿易圏の形成は域内分業をより深化させる。このことで生産拠点の集約が進み、産業集積のある国・地域にはさらに多くの投資が流入するだろう。投資先の選別はさらに強まると思われる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート