1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 二極化しているASEAN株式市場

二極化しているASEAN株式市場

好調なタイ、フィリピン、インドネシア。マレーシアにも注目。

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆新興国の中でもASEANの株価上昇が顕著となっている。米国、欧州、日本が金融緩和を行う中で、リスクマネーが新興国全体に行きわたるというよりも、ASEANに集中的に流れこんでいるように見受けられる。


◆興味深いのはASEANの中でも、タイ、フィリピン、インドネシアの株価上昇が顕著な一方で、マレーシアの株価上昇が限定的なことだ。


◆この要因として、マレーシアは外需依存型の経済であるため、世界経済の減速が株価にも影響したという見方がある。しかし、クアラルンプール総合株価指数(KLCI指数)で高いウェイトを占めるのは金融、商業・サービスという内需関連銘柄であるため、外需の停滞がKLCI指数の上昇を限定的にしている理由とは必ずしも言えない。


◆KLCI指数を構成する企業は他の新興国と比べてもROE(株主資本利益率)が高いことを考えると、マレーシア株式への注目が高まる可能性は十分にあろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート