1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 人と社会
  5. 企業の人手不足と女性活躍推進に向けた課題(下)

企業の人手不足と女性活躍推進に向けた課題(下)

女性活躍推進に向けた業種別の課題

2016年12月30日

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆本稿は「企業の人手不足と女性活躍推進に向けた課題(上)」(※1)の後編である。前編では、企業の人手不足感が強まっているが、労働市場の構造を仔細に見ると、日本全体で労働力不足に陥っているとは言えないことを述べた。また、2015年8月に施行された女性活躍推進法の概要を解説した。


◆後編(下)では、マクロ統計で女性雇用の現状を確認した上で、女性活躍推進法に基づいて企業が公表した女性の活躍状況に関する情報と女性の活躍推進に向けた行動計画を用いて、業種別の女性活躍の状況とその課題について分析する。


◆業種別に女性の活躍状況や事業主行動計画を見ると、ある程度の企業は課題を的確に把握し、課題にマッチした改善計画を作成していることが分かった。ただし、全ての企業がそうなっているわけではない。課題の把握やそれを踏まえた取組みについてブラッシュアップし、女性活躍推進法が求めるPDCAサイクルを回す必要性が高いだろう。


(※1)本稿の前編「企業の人手不足と業種別の女性活躍推進に向けた課題(上)」は以下のアドレスに掲載されている。
http://www.dir.co.jp/research/report/japan/mlothers/20161226_011541.html

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート