1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. スピンオフ税制の適格要件の緩和等

スピンオフ税制の適格要件の緩和等

平成30年度税制改正大綱解説②—組織再編税制編

2017年12月26日

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆12月14日、自由民主党・公明党は「平成30年度税制改正大綱」を公表した。本稿では、組織再編関連の見直しについて解説する。


◆自社株対価の事業再編に関して株式譲渡所得課税を繰り延べる措置が、限定的な範囲で認められた。産業競争力強化法が改正されることが前提とされ、事業再編を行う法人が、同法に基づく計画の認定を改正法施行日から平成33年3月31日までに受けることが要件とされた。


◆スピンオフ税制の適格要件が緩和された。事業を行うのに必要な許認可を先に取得するため、一旦、受皿会社を設立し、その後に受皿会社に事業を移転させてスピンオフする場合も、適格組織再編成に該当しうることとなった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート