1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 法人税率引き下げと代替財源の議論(1)

法人税率引き下げと代替財源の議論(1)

課税ベース拡大編—受取配当益金不算入、繰越控除の縮小も視野に

2014年03月26日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2014年3月12日に、政府税制調査会に法人課税ディスカッショングループ(以下、法人課税DG)が設置され、初会合が行われた。


◆法人課税DGでは、法人税の税率引き下げを行う一方、その代替財源を法人税の課税ベース拡大、地方法人税改革、他税目から求めることの検討が行われている。


◆法人税の課税ベース拡大の案としては、受取配当金益金不算入や欠損金の繰越控除の縮小など、他税目からの増収案としては、給与所得控除の縮小や株式譲渡益・配当等の課税強化などが候補に挙がっている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート