1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 政府税調委員の株式課税強化提案の問題点

政府税調委員の株式課税強化提案の問題点

法人課税引下げの代替財源として配当・譲渡益の課税を強化

2014年03月13日

金融調査部 制度調査担当部長 吉井 一洋

サマリー

◆2014年3月12日、政府の税制調査会は、第1回の法人課税ディスカッショングループを開催し、法人税減税に関する議論を開始した。


◆第1回で示された論点整理では、各委員の意見として「資本所得(配当所得やキャピタルゲイン)課税の見直し」が盛り込まれている。


◆配当とキャピタルゲインの個人への課税を、法人税減税に合わせて強化することについては、少なくとも、1.「貯蓄から投資へ」や金融所得課税一体化に逆行する、2.株式の二重課税(配当・キャピタルゲイン)が拡大する、という点で問題がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート