1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. インサイダー取引規制の見直し

インサイダー取引規制の見直し

情報伝達者の処罰、運用業者に対する課徴金など

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2012年12月25日、金融審議会「インサイダー取引規制に関するワーキング・グループ」は、インサイダー取引規制の見直しに関する報告書をとりまとめた。


◆報告書の主なポイントは、①重要事実等の情報伝達行為等についても、実際に売買等が行われたことなどを要件に、規制・処罰の対象とする、②資産運用業者が他人の計算でインサイダー取引を行った場合の課徴金額を現行よりも重いものとする、である。


◆その他にも、公開買付け等を巡るインサイダー取引規制やインサイダー同士の取引(いわゆるクロクロ取引)などについても、見直しを行うこととしている。


◆今後、報告書の内容を踏まえて、金融商品取引法の改正が行われるものと考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート