1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. キャンプ×シェアで地方創生

キャンプ×シェアで地方創生

~空いている土地をキャンプサイトに!~

2020年12月28日

経済調査部 主任研究員 市川 拓也

サマリー

◆近年、欧米ではインターネットを介して、「キャンプサイトとして貸したい」、「キャンプする場所を借りたい」のマッチングが広まっている。提供者としてはキャンプのためのスペース貸しで収入を得られる一方、利用者としては個人の私有地をキャンプサイトとして利用でき、キャンプ場とは一味違うキャンプ体験ができる。

◆日本にもキャンプサイトのシェアを行うプラットフォーム「ExCAMP」がある。土地保有者とキャンパーをマッチングするものであり、特に地方で増加する遊休地の有効活用を課題として意識している点が特徴的である。

◆遊休地をキャンプサイトに活用することは、オーナーにも利用者にもメリットがあるが、日本の制度上、一定の利用制限がかけられている点には注意が必要である。例えば、農地となっている土地を有料のキャンプサイトとして使うためには、農地法上、転用が認められなければならない。政府は地方創生の観点から、キャンプのための土地利用に関する各種規制の見直しを早急に検討すべきであろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート