1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年6月鉱工業生産

2020年6月鉱工業生産

底打ちを確認、7月以降も回復基調が継続する見込み

2020年07月31日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆2020年6月の生産指数は前月比+2.7%と5ヶ月ぶりに上昇し、市場コンセンサス(同+1.0%)を上回った。欧米諸国におけるロックダウン措置等や、国内の緊急事態宣言の解除に伴う経済活動の再開によって生産は回復に転じた。業種別に見ると、5月まで生産調整を行っていた自動車工業が大幅に上昇し、全体をけん引した。生産用機械工業やプラスチック製品工業も5月の大幅減産から反発した。

◆7月以降の生産は回復基調が続くとみている。製造工業生産予測調査によると7月は前月比+11.3%(計画のバイアスを補正した先行き試算値(最頻値)は同+3.1%)と増産が見込まれている。8月も同+3.4%と増産を維持する見込みだ。自動車工業では大幅な増産が見込まれているものの、工場の稼働率が高まらない中では、資本財需要の回復は相当に遅れるだろう。鉱工業の生産指数が新型感染症の発生前の水準まで回復するにはかなりの時間を要するとみている。

◆2020年8月7日に公表が予定されている6月分の景気動向指数は先行指数が前月差+9.0ptの87.4、一致指数は同+3.5ptの76.9と予想する。一致指数による基調判断は現在の「悪化」で据え置かれるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート