1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年6月貿易統計

2020年6月貿易統計

底打ちの兆しも戻りは弱い/今後の米国向け自動車輸出動向に注目

2020年07月20日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

サマリー

◆6月の貿易統計によると、輸出金額は前年比▲26.2%と前月からマイナス幅は縮小したものの、コンセンサス(同▲24.7%)を下回った。5月中旬以降、欧米各国は段階的に経済活動を再開しているが、これらの国向けの輸出が伸び悩み、予想を下回った。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比+2.2%と4ヶ月ぶりに増加した。地域別に見ると、米国向け(同▲5.4%)は4ヶ月連続で減少、アジア向け(同▲0.3%)はほぼ横ばいだったものの、EU向け(同+0.8%)は僅かながら増加に転じた。

◆先行きの輸出数量は、緩やかに増加するとみている。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響が表れる前の水準まで回復するには相当の時間を要するだろう。主要な最終需要地である欧米の経済活動の再開が継続するかどうかが注目される。米国などでは感染再拡大の懸念が強まっており、既に米国の一部の州では経済活動の再制限の措置が取られている。こうした動きが各地で広がれば、輸出が減少基調に転じる可能性は十分にある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート