1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年1月消費統計

2020年1月消費統計

国内消費は依然として弱い/インバウンド消費は1月までは堅調

2020年03月06日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆【1月の消費】需要側の家計調査で減少した一方、供給側の商業動態統計では小幅に増加した。1月はサービス消費が大きく落ち込んではいないことを踏まえると、インバウンド消費が供給側を下支えした可能性が考えられる。新型肺炎の影響で中国政府が1月末に団体旅行禁止令を出すまでは訪日外客数は堅調に推移したことが押し上げ要因となったとみられる。他方、需要側統計で見る国内の消費は依然として弱く、幅広い品目の消費が落ち込んだ。

◆【2月の消費(業界統計・POSデータ)】<家電量販店>OSサポート終了に伴うパソコンの買い替え需要は一服したものの、モバイル決済サービスのキャンペーンの影響もあり、他の家電販売が好調である。<新車販売>人気の新型車の販売があったものの伸びは限定的で、依然として増税前の水準を大きく下回る。<百貨店>新型肺炎の影響を受け、インバウンドだけでなく国内客の来店も減少し、売上が大きく落ち込んだ。

◆【先行き】実質個人消費は新型肺炎による活動自粛の影響を受け、不要不急の消費を中心に当面は厳しい状況が続くとみられる。新型肺炎が終息し経済が正常化すれば消費も持ち直すとみられるが、新型肺炎の影響が深刻化・長期化することで雇用・所得環境が悪化し、消費がさらに減少する可能性には注意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート