1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年10-12月期GDP一次速報

2019年10-12月期GDP一次速報

駆け込み需要の反動減で大幅マイナス成長(前期比▲1.6%、前期比年率▲6.3%)

2020年02月17日

小林 俊介

サマリー

◆2019年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.3%(前期比▲1.6%)となり、市場コンセンサス(前期比年率▲3.9%、前期比▲1.0%)を大幅に下回った。消費増税前の駆け込み需要からの反動減を受け、民間需要が軒並み大幅なマイナス成長に転じている。とりわけ耐久財を中心とした消費の落ち込みが厳しいが、その他にも台風などの天候要因や、各種特需の剥落等を受け、住宅・設備投資も顕著な減少を示した。

◆先行きの日本経済は、潜在成長率を下回る低空飛行を続ける公算が大きい。残存する負の所得効果が内需の回復を抑制することに加えて、外需の下振れリスクも増大している。先進国向け輸出、とりわけ耐久財・資本財輸出の低迷に加えて、新型肺炎の影響を受けたグローバルサプライチェーンの混乱には細心の注意を払っておく必要がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加