1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 3月貿易統計

3月貿易統計

輸出数量は一進一退の動きが続く

2014年04月21日

齋藤 勉

サマリー

◆2014年3月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+1.8%と13ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+6.5%)を下回り、輸出の低調な推移を表す結果であった。輸出価格は前年比+4.4%と、上昇が続く一方で、輸出数量が同▲2.5%と2ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出の押し下げ要因となっている。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりの減少となった。


◆輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は大和総研)、前月比▲2.0%と2ヶ月ぶりの低下となった。EU向けが同▲2.9%、アジア向けが同▲4.9%と減少したことが、全体を押し下げた模様である。米国向けは同+2.4%と、2ヶ月ぶりの増加となった。


◆先行きに関しては、輸出数量の持ち直し傾向が徐々に鮮明となる見込みである。消費税増税前の駆け込み需要に備えて、国内工場の稼働ラインは国内出荷向けに振り向けられていた。しかし、2014年4月以降は、反動減に伴う国内向け出荷の減少とともに、徐々に輸出向け出荷の割合も回復する見込みである。


◆3月の輸入金額は、前年比+18.1%と17ヶ月連続で前年を上回った。輸入価格は同+5.8%と、上昇が続くものの上昇幅は縮小傾向にある。3月の輸入金額の増加は、輸入数量の大幅増加(前年比+11.6%)によるところが大きい。この結果、貿易収支は▲1兆4,463億円と、21ヶ月連続の赤字となった。また、2013年度の貿易収支は、▲13兆7,488億円と過去最大の赤字となった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート