1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 4月鉱工業生産~生産は踊り場局面へ

4月鉱工業生産~生産は踊り場局面へ

エコカー補助金復活の効果に一巡感

2012年05月31日

経済調査部 シニアエコノミスト 長内 智

サマリー

【概況】生産は2ヶ月連続のプラス : 2012年4月の生産は、これまでの回復基調に陰りが出始めたことを示唆する内容であった。生産指数の季節調整済み前月比は+0.2%と2ヶ月連続のプラスとなったが、小幅な伸びに留まり、市場コンセンサスを下回った。最近の生産指数は小刻みに振れながら推移しているため、基調を捉えるために3ヶ月移動平均で均してみると、4月は前月比▲0.0%とわずかながらも5ヶ月振りのマイナスとなった。

【業種別の動向】輸送機械が牽引 : 2012年4月の生産を業種別にみると、速報値が公表されている16業種中9業種の生産が拡大した。生産の拡大した業種で注目されるのは「輸送機械」である。ただし、「輸送機械」の生産予測調査では、5月が前月比▲13.6%、6月が同▲4.6%となる見込みが示されたように、エコカー補助金復活による押し上げ効果は一巡しつつある。

【今後の見通し】生産の先行きは底堅く推移 : 生産の先行きは、改善の続く国内需要や夏場の電力供給不安を見据えた短期的な在庫積み増しの動きが下支えとなり、底堅く推移すると考えている。前者については、東日本大震災に伴う復興需要の顕在化、自動車・住宅・太陽電池に対する政策支援策の効果が、生産に対してプラスへ作用する見通し。他方、エコカー補助金復活の効果が一巡しつつあることに加え、欧州債務問題の再燃に伴う海外経済の減速と円高進行など、生産の下振れリスクが高まっている点には留意が必要である。

【製造業の売上動向】1-3月期は4四半期振りのプラス転換 : 今回発表された鉱工業生産と企業物価指数の動向から判断すると、製造業の2012年1-3月期の売上高(財務省法人企業統計ベース、前年比)は4四半期振りのプラスと大きく改善する見込みである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加