1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 東証再編に関する最終報告書(案)

東証再編に関する最終報告書(案)

今後は2020年のコーポレートガバナンス・コードの改訂議論に注目

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆金融庁で金融審議会「市場構造専門グループ」の最終会合が行われた。東京証券取引所(東証)再編に関する市場構造専門グループ報告書(案)が示され、それについて議論が行われた。今回の議論を踏まえて、年内には報告書が公表される見込みである。

◆市場区分は以前から示されていたプライム市場、スタンダード市場、グロース市場(名称はいずれも仮称)の3つである。プライム市場の上場基準として流通時価総額100億円が示された一方で、ガバナンス基準は2020年に行われるコーポレートガバナンス・コードの議論に委ねられた格好である。

◆注目されていた市場第一部に上場する企業のプライム市場への上場・上場維持に関する経過措置は導入される見込みである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート