1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 年末までに東証再編の方向性が見えてくる?

年末までに東証再編の方向性が見えてくる?

金融審議会「市場構造専門グループ」が議論再開

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆東京証券取引所(東証)の再編に関する議論が5か月ぶりに再開された。今後、議論を収束させていく方向性が示され、議論の取りまとめの時間を考えると、報告書等の公表は最短でも年末が目途になると予想される。

◆10月に行われた3回目、4回目の議論では地方を拠点とする東証上場企業からの東証再編に対する率直な意見、新興企業からの赤字企業上場に関する意見、学識経験者からの上場基準に導入するガバナンスに対する考え方などが示された。

◆今後、様々な論点について利害関係者のコンセンサスを得ながらまとめていくのは非常に難しい作業であることは間違いがない。上場基準に導入されるガバナンスについては委員間で意見の隔たりも見受けられる。ただし、インデックスについて意見の乖離は縮小していると見受けられる。今後の議論を見守りたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート