1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 熱を帯びる東証再編議論

熱を帯びる東証再編議論

東証と経産省の市場再編の考え方の比較

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆東京証券取引所(東証)の市場再編が機関投資家や個人投資家、企業関係者の間で話題になっている。東証では1月末までパブリックコメントの募集を行い、それをまとめた報告書を3月末に公表する見込みである。一方、経済産業省(経産省)は2019年2月に「市場構造の在り方等の検討について」を公表し、あるべき方向性を示している。

◆東証と経産省ともに現在4つある市場を3つに集約し、各市場のコンセプトを明確に打ち出し、それに沿った上場基準などの設定を考えている。

◆市場再編後に最上位となるプレミアム市場は、日本経済を牽引し、グローバルに戦える企業の上場が期待される。他方、現在の東証一部に上場する企業がプレミアム市場から「降格」することの影響が強く懸念される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加