1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 政策分析
  4. 地方創生・地方経済
  5. 地方公共団体の財政面の現状

地方公共団体の財政面の現状

強い地方を作るための足元再確認

2013年02月01日

金融調査部 主任研究員 中里 幸聖

サマリー

◆わが国が直面する諸課題に対応するためには、総合的な国力の増強が重要であり、国力増強の基礎は各地域が強くなることにある。その前提として、本稿では地方公共団体の財政面に焦点をあて、まずは大枠の現状把握を試みた。


◆地方公共団体純計の普通会計と国の一般会計を過去約四半世紀さかのぼって比較すると、歳入規模は地方公共団体純計の方が大きい年度が大半である。基礎的財政収支は、国が赤字から抜け出せていないのに対し、地方公共団体純計では近年は黒字である。歳出では、普通建設事業費の構成比が低下基調であるのに対し、都道府県計では補助費等、市町村計では扶助費の構成比が上昇基調であることが特徴的である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート