1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. J-Nomad(指定アドバイザー)の概要

J-Nomad(指定アドバイザー)の概要

東証とLSEのプロ向け新市場(10)

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆東証とロンドン証券取引所(LSE)による合弁のプロ向け新市場「TOKYO AIM」は、2009年6月1日に活動を開始した。

◆「TOKYO AIM」では、英AIM市場に倣ったJ-Nomad(指定アドバイザー)を導入し、新規上場申請者・上場会社に対する助言・指導を通じて、上場審査・上場管理上の重要な役割を担わせることとなる。

◆J-Nomadは、証券会社(投資銀行)に限られる訳ではないが、コーポレート・ファイナンスに関する事業実績が求められることや、業務内容を踏まえると、証券会社(投資銀行)が中心的な存在になるものと考えられる。

◆2009年6月11日に「TOKYO AIM」が選定した指定アドバイザー6社も全て証券会社であった。

※本稿は、2009年2月5日付レポート「J-Nomad(指定アドバイザー)制度」を、最終的な規則に基づいて書き改めたものである。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加