1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 「有価証券の売出し」定義の見直し

「有価証券の売出し」定義の見直し

2009年金商法改正関連シリーズ

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2009年3月6日、「金融商品取引法等の一部を改正する法律案」が国会に提出された。この中には、「売出し」の見直しに関する改正も盛り込まれている。

◆具体的には、「売出し」の定義から「均一の条件」が削除される。その結果、既発行の有価証券を多数の者に販売・勧誘する場合は、原則、法定開示義務が課されることとなる。

◆同時に、法定開示義務が免除される「適格機関投資家私売出し」や「少人数私売出し」の制度が整備される。その他、金融商品取引業者等が行う外国証券の一定の売出しについては、法定開示義務を免除する代わりに、「外国証券情報」の提供を求める制度が導入される。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加