1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 「売出し」概念の見直し—金融審第一部会報告—

「売出し」概念の見直し—金融審第一部会報告—

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2008年12月17日、金融審議会金融分科会第一部会及びそのディスクロージャー・ワーキング・グループは報告書を発表した。

◆この中で、「売出し」概念の見直しが盛り込まれている。

◆具体的には、法定開示が必要な「売出し」に該当するか否かの基準について、(1)「均一の条件」要件を削除する、(2)一定期間(例えば1ヶ月)通算して「50人以上」に勧誘した場合に原則売出し規制を適用する、(3)投資家が投資情報を必要とする程度に応じて個別に法定開示・情報提供の要不要を分類する、(4)「私募」に相当する「私売出し」を整備するなどが提言されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加