1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 空売り確認手続等に関する内閣府令案

空売り確認手続等に関する内閣府令案

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2008年11月18日、金融庁は空売り確認手続などに関する内閣府令案を公表した。

◆その中で、空売りがNaked Short Sellingに該当するか否かを確認するに当って、証券会社等は顧客が空売りする株式等の調達先などを確認することが義務付けられている。

◆更に、証券会社等が預託を受けていない株式等を「実売り(long)」する場合、顧客に売却する株式等をどこで所有しているのかなどを確認することも義務付けられる。

◆これらの確認事項について、証券会社等は、帳簿に記録し、7年間保存することも要求される。

◆金融庁は、内閣府令案について2008年11月25日まで意見募集を行い、その後、速やかに公布・施行することを予定している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加