1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 支配株主との取引の開示拡充案

支配株主との取引の開示拡充案

東証上場制度総合整備プログラム

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2008年4月28日、東証は「上場制度総合整備プログラム2007(第二次実施事項)に基づく上場制度の整備等について」を発表した。

◆この中で、東証は、支配株主を有する上場会社に対して、支配株主との取引について利益相反防止の方針やその方針の履行状況の開示を求めることとしている。

◆これにより、いわゆる親子上場を行っている会社についても、アカウンタビリティの向上が求められることとなろう。

◆東証は、2008年7月を目途に実施することを予定している。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加