1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 子会社上場に対する東証の考え方

子会社上場に対する東証の考え方

東証上場制度総合整備プログラム

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2007年6月25日、東証は「親会社を有する会社の上場に対する当取引所の考え方について」を公表した。

◆この中で、東証は、子会社上場を禁止はしないが、望ましい資本政策とは言い切れない以上、株主の権利等への配慮、積極的なアカウンタビリティの遂行が望まれるとの見解を示している。

◆東証は、今後、子会社上場に関する利益相反防止ルールや上場審査のあり方について検討を行うこととしている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加