1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 東証、立会外分売を見直し

東証、立会外分売を見直し

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2007年2月27日、東証は、立会外分売制度を見直すと発表した。

◆立会外分売とは、予め証券取引所に届出を行った上で、大量の売付注文を、オークション市場外で執行するための証券取引所の制度である。

◆具体的には、立会外分売制度を悪用した不適当な取引を防止するため、(1)直前の立会外分売から一定期間を経過していない、(2)重要事実の開示から一定期間を経過していない、(3)売却株式の調達方法に問題があるなどの場合については、立会外分売を認めないこととしている。

◆立会外分売の見直しの実施時期は、2007年5月を目途としている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加