1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 大量保有報告書の見直しQ&A

大量保有報告書の見直しQ&A

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2006年末から2007年初にかけて、大量保有報告書の見直しが実施された。

◆それを受けて、2007年に入ってから、新しいルールに基づく、大量保有報告書の提出が相次いでいる。それに伴い、大和総研制度調査部にも、新しい大量保有報告書制度に関する質問が寄せられている。

◆本稿では、制度調査部に寄せられた質問のうち、主に基礎的な内容のものを中心に、Q&A形式で解説を行う。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加