1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 株式分割の効力発生前倒し

株式分割の効力発生前倒し

東証、保振、来年1月にも実施予定

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆ 東証と保振は、来年1月から、保振預託分の株式については、株式分割の効力発生日を基準日の翌日に前倒しする方針を明らかにした。

◆ これは、保振預託分について事実上、権利落日から新株売買が可能となることを意味している。

◆ 実現すれば、株式分割に伴う株価の乱高下や、それを悪用した資金調達やM&Aの動きを、ある程度封じることができるものと期待されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加