1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 銀行による証券仲介業解禁と弊害防止措置

銀行による証券仲介業解禁と弊害防止措置

2004年証取法改正(12)

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆ 2004年証取法改正法により、12月1日から銀行等についても証券仲介業(証券代理店)が解禁される。

◆ 2004年11月26日、金融庁は、銀行等による証券仲介業解禁に伴う弊害防止措置の細目を定める内閣府令を公布した。

◆ 具体的には、融資業務部門と証券仲介業務部門との情報隔壁や、証券発行によって調達された資金が自己への債務の弁済に充てられる場合の説明義務などが定められている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加