1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 会社法、民法その他法制度
  5. 令和元年は「情報銀行元年」となるか

令和元年は「情報銀行元年」となるか

認定第一弾、指針ver2.0案が公表。情報銀行が今後期待されることは

金融調査部 研究員 藤野 大輝

サマリー

◆日本IT団体連盟は、2019年6月21日に情報銀行の認定第一弾として、三井住友信託銀行、フェリカポケットマーケティングの二社を認定した。この二社や現在公表されている情報銀行の共通点としては、提供先、提供元が限定されていることが挙げられる。データの自由な利活用を目指すのであれば、提供先、提供元を限定しない「オープン型情報銀行」への進化が期待される。

◆政府は情報銀行に関する環境整備として、「情報信託機能の認定に係る指針ver2.0」(案)を公表している。また、2019年の成長戦略でも2019年度内に情報銀行による円滑なデータ流通を可能とするための取りまとめを行うとされた。

◆現状、情報銀行の事業化を図る企業の多くは大企業であるが、これは情報銀行の特性上、認定基準で求められるセキュリティ体制、ガバナンス体制、提供先の審査能力・体制、資産規模の水準が高いことが理由の一つとして考えられる。

◆地域金融機関にはコンサルティング機能の発揮が求められているが、一つの策として地域金融機関に優位性・親和性がある「地域密着型情報銀行」の開業が考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート