1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 景気は良いのか悪いのか

景気は良いのか悪いのか

2022年04月22日

経済調査部 経済調査部長 山崎 加津子

サマリー

IMFが4月19日に公表した世界経済の2022年の成長率予想は+3.6%と1月時点の予想から0.8%pt下方修正された。わずか3カ月で大幅下方修正となった原因は、当然ながらロシアのウクライナ侵攻と西側諸国による対ロシア経済制裁によって資源価格が高騰し、インフレ圧力が一段と強まり、供給網が大きく混乱していることである。加えて、中国の上海市のロックダウンなど、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済活動の停滞も下方修正の一因である。ロシアとウクライナの戦争の先行きを予想することは難しく、対ロシア制裁は長期化が必至である。また、中国のゼロコロナ政策は少なくとも短期的には一段の景気下押し要因となり得る。一方で、多くの国はコロナ抑制と経済再開の両立を目指し、ワクチン接種進展などを背景に規制解除を進めている。コスト高や供給網混乱が重石となりやすい製造業と、規制解除の恩恵を受けるサービス業が綱引きする状況にあり、米国で予想される利上げ加速は需要が強いからこそである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート