1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米国経済見通し 7・9月も0.5%ptの利上げか

米国経済見通し 7・9月も0.5%ptの利上げか

インフレ加速の長期化×景気後退懸念の緩和=利上げペースの加速

2022年04月21日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 矢作 大祐

サマリー

◆10年-2年米国債利回りスプレッドが4月初めに逆イールド化し、景気後退懸念が強まったのも束の間、足下では逆イールドが解消している。金融政策の不確実性が低下するとともに、足下の実体経済の力強さが景気後退懸念を和らげたといえる。

◆他方で、物価上昇圧力は高いままであり、景気が堅調なことも相まって、FRBの更なるタカ派化の可能性は残る。5・6月のFOMCでそれぞれ0.5%ptずつ利上げすることは既に市場でも織り込み済みである。しかし、足下では、7・9月のFOMCでも0.5%ずつ利上げが実施される可能性が取りざたされている。FRBが金融引き締めを急ぐ背景には、景気の減速や中間選挙、新型コロナウイルスの感染拡大の可能性など10-12月の利上げのしにくさが挙げられる。

◆目先は、5・6月のFOMCにおける0.5%ptの利上げやバランスシート縮小(QT)の開始が最注目であるわけだが、とりわけ2022年後半の米国経済の先行きを占うという意味でも、7・9月のFOMCでも急ピッチでの利上げが継続する可能性や、中立金利に到達した後のFRBのスタンス転換の可能性も併せて確認していく必要があるだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加