1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年12月貿易統計

2019年12月貿易統計

輸出数量は2ヶ月ぶりに増加、米国・EU向けが反発

2020年01月23日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

経済調査部 シニアエコノミスト 小林 俊介

サマリー

◆2019年12月の貿易統計によると、輸出金額は前年比▲6.3%と13ヶ月連続で減少し、コンセンサス(同▲4.2%)を下回った。輸出金額は数量の減少を主因として、18年半ばから減少基調が続いているが、前年比のマイナス幅は2ヶ月連続で縮小した。

◆12月の輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比+4.0%と2ヶ月ぶりに増加した。地域別に見ると、米国向け(同+1.9%)、EU向け(同+6.2%)、アジア向け(同+2.1%)のいずれも増加した。米国向けは6ヶ月ぶり、EU向けは5ヶ月ぶりの増加である。

◆先行きの輸出数量は、地域ごとに濃淡はあるものの、総じてみると世界経済減速の影響が見られるなか、足踏みが続くとみている。アジア向け輸出は半導体需要の回復を背景に緩やかな増加基調を維持する一方、米国、EU向けは横ばい圏での推移が続くだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート