1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年8月貿易統計

2019年8月貿易統計

輸出数量は幅広い地域で減少

2019年09月18日

経済調査部 エコノミスト 鈴木 雄大郎

小林 俊介

サマリー

◆8月の貿易統計によると、輸出金額は前年比▲8.2%とコンセンサス(同▲10.0%)は上回ったものの大幅に減少した。2019年に入り、金額は前年比でマイナスの推移が続いていたが、8月は米中摩擦が激化したことで輸出数量が減少した。加えて、円高方向にシフトしたことが輸出金額を押し下げた。

◆8月の輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比▲4.6%と3ヶ月ぶりに減少した。輸出数量を地域別に見ると、米国向け(同▲5.0%)、アジア向け(同▲4.4%)、EU向け(同▲3.7%)と総じて減少した。

◆なお、優遇対象国から除外する改正政令が施行された韓国向けの輸出金額(大和総研による季節調整値)を確認すると、8月は前月比▲2.2%と2ヶ月ぶりに減少した。一部品目での駆け込みの輸出は見られたが、食料品(同▲28.7%)や輸送用機器(同▲12.4%)などが全体を押し下げた。政治情勢の悪化により、不買運動の影響が出た可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート