1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力

第3の矢(成長戦略)の一翼を担うアジアとの金融協力

アベノミクスにおける成長戦略を支える「タマ」込め

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆2013年5月3日、ASEAN+3財務相・中央銀行総裁会議、日-ASEAN財務相・中央銀行総裁会議が開かれた。


◆今回の会議の成果は、①現地日系企業等への現地通貨での資金供給の促進、②インフラ開発の金融面での後押しについて、各国毎(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)に合同作業部会を設置し協議を開始することが挙げられる。


◆6月にまとめるアベノミクスにおける第3の矢(成長戦略)のキーワードの一つとして、「海外展開:オープン」が掲げられており、アジアの成長の取り込みが取り上げられると思われ、今回の会議での成果は意義深いものと思われる。


◆この他、危機への耐性を高めるために、ASEANとの2国間通貨スワップ取極を通じた金融セーフティネットの強化も取り組むこととなった。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート