1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 欧州向けの国際与信が増加基調に

欧州向けの国際与信が増加基調に

BIS国際銀行統計(2018年第1四半期)

森 駿介

金融調査部 研究員 中村 文香

サマリー

◆BIS(国際決済銀行、Bank for International Settlements)によれば、2018年3月末の国際与信残高は27.0兆ドルと、2017年12月末から+1.2兆ドル増加した。与信側(銀行側)を見ると、欧州の銀行は欧州先進国向けの与信を中心に残高を増加させた。米国の銀行も欧州先進国向けの与信を大きく増加させている。また、オフショア向けの与信残高の増加率も高かった。

◆邦銀の国際与信残高は、3四半期連続で増加した。邦銀においても、欧州先進国向けの与信残高が大きく増加する一方、米国向けの与信残高はドル調達コストの上昇などもあり、緩やかな増加となっている。

◆与信受入側で見ても、欧州先進国の与信受入残高の増加が大きい。また、新興国の与信受入も堅調に増加しており、先進国と比べ新興国の経済成長率が相対的に高い水準であることが要因の一つと思われる。今後のリスク要因としては、新興国向けのドル建て与信の増加が続く一方、いくつかの国で通貨の減価が生じており、資本流出に繋がりうることが挙げられよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート