1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. EUの気候ベンチマークが始動

EUの気候ベンチマークが始動

2つのベンチマークが策定、ESGの影響についての開示強化も

2020年09月25日

金融調査部 主任研究員 太田 珠美

サマリー

◆EUが取り組んでいるサステナブル・ファイナンス行動計画では①気候ベンチマークの開発、②指数会社等のベンチマーク提供者に対するESG情報開示の強化、が提言されており、これらを具現化するためEUベンチマーク規則の改正が行われている。

◆新たに開発された気候ベンチマークは、気候変動の移行に関連するベンチマーク(EU CTB:EU Climate Transition Benchmarks)とパリ協定に関連するベンチマーク(EU PAB:EU Paris-aligned Benchmarks)の2つである。EU PABの方がより厳しい条件を満たす必要がある。これらのベンチマークが本当に脱炭素社会実現に貢献するのか議論はあるものの、運用は既に開始されている。

◆指数会社等のベンチマーク提供者は、提供するベンチマーク(気候関連であるか否かに関わらず、一般的なベンチマークを含む)においてESG要素を考慮している場合、その内容について開示が求められる。例えばベンチマーク全体の温室効果ガス強度や、ジェンダー間の報酬ギャップ、独立したボードメンバーの比率などが挙げられる。

◆EU域内の規制ではあるが、EU域内のベンチマーク提供者が日本企業の発行する株式・債券を対象とするベンチマークを提供する場合もある。EU CTBやEU PABが他地域にも受け入れられ、似たようなベンチマークが提供されるようになれば、日本の機関投資家が使うベンチマークにも影響してくる可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート