1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 受託者責任を拡張する規則は実施延期か—トランプ政権における規制緩和政策③

受託者責任を拡張する規則は実施延期か—トランプ政権における規制緩和政策③

受託者責任を大幅に拡張する労働省規則を実施延期する方向で見直し

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆トランプ大統領は、2017年4月から適用開始予定の、受託者責任の拡張に関する規則の見直しを指示する覚書(memorandum)を労働省に伝達した。


◆労働省規則は、個人退職勘定(IRA)の運用について助言を行う証券会社等の金融商品販売業者職員等も受託者として責任を負うべきとする内容だ。金融商品販売業者では、この規則の実施にあわせてコンプライアンス体制等の充実に取り組んできた。


◆資産運用に関する受託者責任を所管するSECが関連する規則を策定するまで、労働省規則の実施を停止する見通しだ。しかし、現在のSEC委員長代行は、規則の制定に慎重な考えをもっていることから、労働省規則の内容である受託者責任の拡張は、相当先送りされることになると思われる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート