1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. ISSの議決権行使助言方針改定

ISSの議決権行使助言方針改定

2020年以降、親会社・支配株主を有する会社の取締役会に高度の独立性を求める

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

サマリー

◆議決権行使助言業最大手のISSが議決権行使に関する助言方針の改定案を公表し、2019年10月18日まで意見を募集している。

◆親会社や支配株主を有する会社での独立社外取締役の数量要件の厳格化が検討されており、適用開始時期について猶予期間を設けるべきか、意見を求めている。

◆株式の政策保有の相手先企業において勤務経験がある者は、社外取締役としての独立性を認めないとする助言方針の改定も検討されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート